フランチャイズサーチ
おたからや 不況に強い!商品買取ビジネス
トップページランキングフランチャイズとはお得な話開業までの手順支援策情報
知っておきたい独立お役立ち情報
トップページ
フランチャイズ ランキング
フランチャイズ体験談
・フランチャイズ ショー
・飲食店 フランチャイズ
フランチャイズ本部の声
開業までの手順
開業に必要なものとは?
フランチャイズお得な話
フランチャイズ用語集
フランチャイズQ&A
脱サラに際しての注意事項
支援策情報
開業届けに関して
新会社法について
まずは週末起業から
新会社法用語集
フランチャイズ一覧
セミナー紹介
フランチャイズを探す Search
小売業
コンビニエンスストアチケットショップガラス工芸書籍・CD・セルビデオはんこ屋/自動車関連インテリアショップ薬局その他
サービス業
衛生サービスハウスクリーニング保育・学習・教育ネットビジネス介護・福祉理容・美容・健康リフォームリサイクルショップネットカフェ探偵・興信所ペットビジネス運送建築・不動産その他
飲食・菓子業
カフェ・喫茶店お菓子お好み焼き・たこ焼き宅配・テイクアウト焼肉ラーメン・中華パスタ・イタリアンピザ和食・定食カレー弁当・惣菜寿司居酒屋その他
0〜100万円
101〜300万円
301〜500万円
501〜1,000万円
1,001万円〜
条件でさがす
 
 
 
フランチャイズとは?
フランチャイズについて フランチャイズビジネスの動向 フランチャイズビジネスの仕組み
メリットとデメリット その他のチェーンビジネスとの違い フランチャイズを成功させる秘訣
フランチャイズについて
フランチャイズとは、事業者(FC本部)が他の事業者(加盟店・加盟者)との間に契約を結び、自己の商標、サービスマーク、トレード・ネームそのほかの営業の象徴となる標識、および経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、加盟店・加盟者はその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な 資金を投下してFC本部の指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係のことをいいます。
フランチャイズビジネスの動向
フランチャイズビジネスは高い成功率を得ることができるビジネス体系として、昨今特に注目されています。
高い成功率の理由 成長率の順調な伸び!
調査が始まった1975年から、最新の2005年度までの数値を概観してみると、この30年間、国内で活動中のフランチャイズ(FC)数、店舗数、店舗ごとの売上高は成長率の増減はあるものの、一貫して右肩上がりの成長を続けています。30年の間にはオイルショック、円高、バブル崩壊など、不況の大波があったにも関わらず、フランチャイズ市場は拡大を続けているのです。
ちなみに最新の2003年度のFC統計によれば、売上高は19兆3,888億円で前年比3.6%増でした。
また経済産業省(サービス経済課)は、2004年度からフランチャイズ(FC)ビジネス振興に本格的に乗り出すとして、研究期間や大学などと連携し、体系的に学べる教育プログラムを作ったり、フランチャイズ(FC)企業の客観的な格付けを行うなどの政策を発表しています。
今後、国の本格的なバックアップのもとに、さらに成長が期待できるのがこのFC事業なのです。
フランチャイズビジネスの仕組み
フランチャイズチェーンビジネスが、この不況下でも成長し続ける答えの一つとして挙げられるのが、このビジネスの巧みな仕組みといえます。
高い成功率の理由 未知の分野でも容易に経営をマスターできる仕組み
FCは未知の分野、事業でも、体系化されたノウハウを用いることで比較的容易に経営をマスターできる仕組みになっているため、成功率が高いとされているのです。 それでは、その仕組みについて、簡単に説明してみます。
フランチャイズビジネスの仕組み
フランチャイズ(FC)とは、FC本部と加盟店(加盟者)で作る事業の共同体です。一定の条件をクリアすれば、本部と契約を交わし、加盟店として事業を開始できます。
一般に、フランチャイズ(FC)のサービスマーク・商標の使用や、商品や経営上のノウハウを享受したり、継続的に加盟店の経営指導・支援を行います。 これに対して加盟店はその対価として加盟金、売上・利益に応じたロイヤルティーなどを支払います。これがFCの基本的仕組みです。
しかし、あくまでFC本部と加盟店はそれぞれが別個の独立した事業者であり、それらがFC契約という
メリットとデメリット
フランチャイズシステムを利用することには数多くのメリットがあります。
また、逆にフランチャイズならではのデメリットもあります。
メリットとデメリットをきちんと理解した上で、FCビジネスの仕組みをプラスに利用できるかが成功への第1歩と言えるでしょう。
メリット
独立した事業者として営業できる。
一般的に広く知られているフランチャイズチェーン名、サービスマークやイメージを利用する事で消費者からの信頼度を高めることができる。
事業経験がなくてもフランチャイズ(FC)本部の研修指導や営業サポートの下、事業を開始することができる。
フランチャイズ(FC)本部による税務・会計・法務など、あらゆる分野の経営指導をうけることが出来る。また、これら間接機能をFC本部が担い、加盟者は営業に専念することができる。
FC本部が今まで蓄積してきた実績と経験、ノウハウに基づいて事業をするので、個人で一から開業するよりも成功率が高い。
本部が大量に仕入れ、また生産した質の高い商品や材料を安定した安い価格で購入することができる。
開業するための物件を本部に調査してもらうことで、客観的な視点のもと妥当性をはかれる。
広告、宣伝は個人でやるよりも、本部と連携することでスケールメリットを活かした販促活動が可能となり得る。テレビCMなどで知名度が高い企業であれば開業後の集客のハードルも下がります。
デメリット
FC本部が提供するノウハウに基づいてその展開が制限されるため、個人の斬新なアイデアなどの実行には一定の制限がつく。
店舗のイメージ、取り扱う商品やサービスなどすべてFC本部の定める経営方針に従わなくてはならない。
営業権の譲渡や秘密保持義務が発生する。
契約期間途中での事業終了には一定の条件がある。
その他チェーンビジネスとの違い
フランチャイズと似て非なるビジネス体系はいくつか存在します。
それらを踏まえて、どんな選択肢が考えられるのか、きちんと把握しておきましょう。
レギュラーチェーン(直営店等で構成されているもの)
ひとつの本部企業が店舗を建設し、従業員を雇用して営業する経営方法。
店舗の責任者は本部が人選を行い、派遣します。大手百貨店やスーパーマーケットなどに代表されます。
ボランタリーチェーン
小売店同士が主に商品の共同仕入れを目的として結成した協同組合組織。
各小売店が加盟することで、まとまった量の商品を仕入れます。こうすることで、個々の小売店だけでは不可能だったメーカーとの取引や価格交渉を可能にするのです。
各小売店の看板や屋号・商号は独自のままで、意思決定においても各小売店が行います。
代理店
事業者が本部と契約することで本部の開発した商品やサービスを独占的に販売するもの。
この契約は一般に、一定のテリトリーを設けられその範囲での独占的な販売権を与えられます。本部からの店舗運営や販売の継続的な指導はほとんどないのが一般的で、業種も様々です。
フランチャイズを成功させる秘訣
フランチャイズチェーンビジネスは、本部が蓄積してきたノウハウの下、経営を行うため自営で開業する場合と比較すると、成功する確率が高いといえます。

しかし、どんな優れた仕組みがあろうともビジネスの成功には加盟店の努力が不可欠なのです。また、本部から提供された仕組みを忠実に実行することも重要です。
さらに、よく顧客思考という言葉で語られますが、お客様の立場に立ち、真剣にビジネスに取り組む姿勢も必要不可欠となります。
FC本部は開店までをサポートし、開店後もさまざまな援助がありますが、基本的にはオーナー自身が経営にあたなければなりません。
そのためにも、何よりも自分の好きなこと、楽しいと思える仕事を選択することが、大変重要です。
楽しいだけでは続かないという意見もありますが、嫌々ながらにやる仕事には身も入りませんし、何よりそういった姿勢はお客様にも自然と伝わるものです。自らが社長になったという視点で主体的に営業しながら改善のサイクルを構築していきましょう。
市場規模は10兆円 今注目の修理ビジネス

国内No.1フランチャイズチェーン 現在1万人を超えるオーナーが活躍しています!

無店舗、無在庫の低リスクビジネス。オーナーの95%は未経験からのスタート。全国展開のおそうじ本舗。

フランチャイズフェア
 
 

Copyright (C)2009 フランチャイズ search Inc. All Rights Reserved.